税理士との相性も大切

税理士のスペックから相続相談する相手を決めても、場合によっては二度と同じ税理士にお願いしたくないと感じてしまう事態に陥ることもございます。相続相談はそう簡単に手続きが終わるわけではありませんので、頻繁に税理士とやり取りを交わしながら、書類の記入や説明を受けることになるでしょう

税理士そういった関係から、税理士の人となりは大切です。偉そうな態度を取ってきて、見下してくるような発言が気に障るようでは、せっかく親が財産を相続してくれたのにも関わらず、相続税申告に対して前向きな気持ちを抱けなくなってしまうでしょう。

税理士は世の中にたくさんいます。税金の申告という専門的な知識を、一般のかたは持ち合わせていませんので、必然税理士を頼らざるを得ない事態に発展することもございますが、だからといって税理士のかたにへりくだって業務をお願いする必要はありません。

良心的な税理士のかたも多くいらっしゃいますので、会話の中で不快に感じる部分が目立ち、税理士としてではなく、人としてあまり良い印象を抱くことができないかたに担当してもらった際には、遠慮なく別の税理士を頼るようにしましょう。お互いに気持ちの良い関係で長期的に信頼できる税理士と力を合わせて、相続税申告を済ませましょう。

Pocket